安いリューターの修理

充電コネクター交換

オジサンのhisaragiです。

今回は、アマゾンで購入した安いミニリューターの修理です。

確か¥3000もしなかったと思いますが、見た感じのチープさとは

裏腹に結構使えます。

電源は充電式でmicroUSB端子がついています。それとLEDの照明が点きますが、

あまり使えません。回転数は5段階で+と-のボタンで変化させます。

結構シンプルな操作性と1mm程度のアルミの穴あけも出来るトルク、

使用していると持てないくらい発熱してきますが、それでも値段が値段なので

重宝しています。

 

ただ耐久性は微妙ですね・・・そのおかげで修理することになりました。

作業して充電しようとコネクターを差しましたが、やたら軽くコネクターが刺さった

感触が無いので、見てみるとコネクター自体が取れていました(-_-;)

内部にあるような感じでもないので、取れてどこかに行ってしまった様です。

因みに使って2~3回目くらいだったと思います。

でもこうなったらしょうがないので、取り合えず分解するしかないでしょう!

分解するとモーターの制御基板、配線、がプラスティックのカバーに収まっているだけ。

いたってシンプルな構造。コネクターが付いていた箇所はきれいに取れていたので、

ハンダ付けが甘かったようです。

手元にあったDC5Vを調整できる基板にmicroUSB端子があったのこれを流用。

基板のモーターからの配線コネクターが、USB端子をハンダ付けするのに

邪魔だったの一旦取り外し、最後にハンダし直すことに。

全てハンダ付けが完了し、テスト充電もOKだったので、組付ける前に

ホットボンドでコネクターを補強しました。

ピントあってないのはご愛敬で・・・

これで修理は完了・・・・と思っていました・・・

 

モーター修理

先にも書きましたが、使用しているとかなりの高温になります。

モーターがすごく熱くなるのです。高回転、高トルクは良いのですが、

排熱が出来ないのが問題です。

 

コネクター修理後しばらくは問題なく使用していましたが、

あるときチョット無理して使ったときに突然動かなくなりました。

テスター当てると電源等は問題ないようですが、モーターが

回りません・・・ゴミの完成か!?

確か180モーターだったので、モーターだけ買って交換しようかとも

考えましたが、近くには売っているところもなく(田舎住)、通販で

購入しても明日以降になってしまうので、ダメ元でモーターを分解!

内部にはハンダ片が飛び散っていました。ブラシが当たる部分の整流子(で良いのかな?)

にローターのコイルのハンダが溶けて脱落していました。

最初は整流子を再利用しようとハンダ付けを試みましたが、整流子側のメッキ部分が

あっという間になくなってハンダが付かなくなってしまいました、、、、

モーター交換か買い替えるかと考えていましたが、ふとストックしてるサイズの違う

モーターを分解してみると、整流子が流用できそうだったのでダメ元で流用を実行!

 

今度は慎重にハンダ付けし、問題なく動かすことが出来ました!

たかが¥3000ですが、修理が成功すると気持ちのいいもんですね(笑)

 

念のため、プラスティックカバーのモーターが収まる箇所にいくつか穴を開け

排熱できるようにしました。

現在は熱に注意しながですが、全く問題なく動いています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。